妊娠中にビタミンAを過剰摂取するリスクとは?


赤ちゃんに栄養を取られてしまうことになるため、妊婦さんはいつも以上に栄養を取るようにするのが望ましいです。

とはいえビタミンAは過剰摂取が大きなリスクにつながるため注意が必要です。

うなぎやレバーといった動物性食品に含まれるレチノール・ほうれん草やニンジンなど植物性食品に含まれるβカロテン、この2種類を総称してビタミンAと言います。

身体の抵抗力を高める効果・目の健康維持・夜盲症の予防・動脈硬化の予防・ガンの予防などさまざまなよい働きを持つため摂取することは身体にとってプラスです。

貧血予防のためにと妊娠中にわざわざレバーを多く食べる用になったという方も多いでしょう。

しかしながら、レチノールの方は推奨量を超える過剰摂取をすることで肝臓に蓄積され、胎児の奇形を発症させるリスクが高まるのです。

特に妊娠初期段階、食べ物による胎児への影響が大きい時期は注意してください。

レバーでも鳥と豚は特にレチノールを多く含んでいるため妊娠初期段階はできれば食べないほうが安心です。
その頃のビタミンA補給は緑黄色野菜でおこなってください。
サプリメントも成分に注意しましょう。

ベータカロテンの方は過剰摂取による悪影響の心配はありません。

緑黄色野菜には葉酸や鉄分・カルシウム・食物繊維などの栄養素も豊富です。

特に葉酸は厚生労働省でも摂取することが推奨されているような妊婦さんにとっては、というよりも妊活中の時点から重要な、積極的に取りたい成分です。

働く女性も増えて、忙しくてお野菜をあまり取れていないことはないですか。

どれか一つの成分をとにかく大量に取るのではなく、バランスの良い食事を意識して、赤ちゃんのためにも自身のためにも続けるようにしましょう。

普通に食べるのであれば過剰摂取にそれほど神経質にならなくても取りすぎてしまうことはありません。
食べ物からだけだと摂取が困難な成分についてはサプリもうまく活用するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です